PROFILE


氏原ワタル(作曲、作詞、歌、ギター、編曲、等)

Twitter Instagram

 

 

「DOES(http://www.does-net.com/)のOfficial Biographyより抜粋」

2003年、氏原ワタル(Vo, Gt)、赤塚ヤスシ(Ba, Cho)、森田ケーサク(Dr, Cho)が集まり、福岡で結成。福岡での活動が都内のメジャーレーベルプロダクションに知れ渡り、争奪合戦によりKi/oon Recordsよりメジャーデビューが決定。

 

2006年、デビューシングル「明日は来るのか」リリース。

 

2007年、テレビ東京系アニメ「銀魂」のエンディングテーマとして起用されたシングル「修羅」はオリコン初登場9位にランクイン。圧倒的なライヴパフォーマンスの評価は高く、以降、「ARABAKI ROCK FES」、「ROCK IN JAPAN」  「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO FES」等、各地大型フェスの常連となる。

 

2008年第一弾シングル「曇天」を6月18日にリリース。自身最高のオリコン初登場3位にランクイン。着うた (R)等の配信がロックバンドとしては異例の20万ダウンロードを突破。

 

2009年、興行収入30億突破の大ヒット映画、全国東宝系「クローズZEROⅡ」(監督三池崇史、主演小栗旬)の出演及び劇中歌に大抜擢。名物映画プロデューサー山本又一朗氏の大推薦を受け、劇中で一曲演奏を披露。また、DOES自身のライブにも足を運び、撮影現場でも幾度と無くコミュニケーションを交わした三池監督はDOESに関して「飾りを剥ぎ取った潔さが美しいバンド。それが、「DOES」なのだと思う。雨に濡れたむきだしの鋼に似た匂いが心地よい。だから、「DOES」がここにいる。裸の耳で聴いてみな。あなたも裸になれるから。三池崇史」とシビれるコメントを寄せている。

 

2010年4月21日に発売した最新シングル「バクチ・ダンサー」がオリコン初登場3位、3週連続TOP10入り。シングルとしては異例の10万枚突の大ヒット。5月15日からスタートした全国ツアー「独歩行脚 ~初歩的衝動編~」も各地SOLD OUT。その後、6月にCLIP集DVD「CLIP BOX」、7月には初のA-side SINGLEベストアルバム「SINGLES」と怒涛のリリースラッシュを見せ12月15日に4th AL「MODERN AGE」を発売。

 

2011年7月27日自身初のMini Album「FIVE STUFF」をリリース。この辺りからサポートメンバーに白澤オサムを入れ制作をスタート。9月8日にはデビュー5周年を祝う「5 th Anniversary LIVE」を赤坂BLITZで開催。大成功を収める。

 

2012年震災の影響を受けたシングル「今を生きる」を3月に発売し、インストア・イベントをタワーレコード全国13店舗で行い大盛況となる。5月には5枚目のオリジナルアルバム「KATHARSIVILIZATION」をリリース。

 

2013年は結成10周年イヤーとして「DOES結成10周年記念ライブ at Zepp Diver City~夢見た世界~」を開催。9月25日には未発表&新曲含むカップリングベスト「OTHERSIDE OF DOES」&DOES結成10周年企画として開催され、全ヶ所SOLD OUTだったアルバム完全再現のDVD& Blu-ray「アルバム再現ライブ TRACE THE SIX」を発売。

 

2014年7月2日テレビ東京系アニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」オープニングテーマとなるシングル「紅蓮」を発売。8月6日には前作から約2年ぶりとなる自身のバンド名を冠した6枚目のフルアルバム「DOES」を発売する。

 

2016年3月にはメジャーデビュー10周年の皮切りとして、2度目のTV版銀魂オープニングテーマとなるシングル「KNOW KNOW KNOW」をリリース。そして4月、名実ともに充実した7枚目となるフルアルバム「INNOCENCE」をリリース。盛況喝采となるツアーに加え、両国国技館で行われた「銀魂晴祭り」や幕張メッセでの「Anirock Fes×銀魂Live Carnival」でヘッドライナーを務める。そして同年9月、突然の活動休止発表の後、18日の赤坂BLITZでのワンマンライブ「Thanksgiving!」で活動を休止する。

 

 

2017年、DOES休止後、今後の準備期間としてソロ弾き語りライブをやりつつ、3月にはバンド「THE BUCKS」も立ち上げて活動を展開。

 

2018年1月よりフリーの作曲家、作詞家としても活動を始める。3月よりソロワークを中心とした音楽活動へとシフトチェンジしている。